家電バーゲン
放射能測定器
避難リュック
本のバーゲン







鳥取県大山町      2017年3月11日   大山





有料駐車場は既に満車状態です。前の日に泊まっている人がほとんどでした。



道路脇には除雪された雪がまだ結構残っています。





夏山登山道から登山開始。





下の方はまだ霧氷はありません。





登るにつれ次第に霧氷が多くなってきます。









青空があればもっときれいですが。





日本海が見えてきました。





五合目到着。



積雪量はかなりありますが、踏み固められているため夏とほぼ変わらずのペースで登れます。



次第にガスが濃くなってきました。



六合目避難小屋は雪にうもれています。



ここから先は急勾配なので慎重に進みます。



振り返ると晴れ間が見えたりします。



ガスが濃い時も踏み跡があるので迷わず登れます。



時折日本海も見えてきます。。



ずっとこんな天気を期待し登ります。



この辺りから強風がさらに強くなります。



ロープもかなり大きな雪の塊が付着しています。



1600m付近は相当の強風です。



舞い上がった雪で視界はかなり悪いです。



目印を目標に更に進みます。



山頂避難小屋に到着。



入口もこの通りの雪です。



剣ヶ峰方面はガスで何も見えません。



山頂の石碑は完全に雪にうもれています。



避難小屋方面は少し晴れてきました。



一瞬ですが剣ヶ峰方面も見えてきました。





しばらくは見えたり隠れたり。







時折完全な姿が見えます。



これを最後に完全にガスに覆われてしまいました。





山頂小屋もさっきよりガスが濃くなってきたので下山します。



少し降りたら日本海側は完全に晴れてきました。





時間がまだ早いので続々登ってこられます。



振り返るとさっきの天候が一変しました。





登山客より、スノーボーダーとスキーヤーの方の方が多いみたいです。



完全に晴れてきました。



急斜面を滑った跡があります。





駐車場へ到着。


鳥取県の大山へと雪山登山をして来ました。深夜のうちに駐車場へ到着して翌朝登山開始しました。
夏山登山道を登りますが、登山道自体は踏み固められているため夏と同じペースで登ることができました。
霧氷は登るにつれ少しづつ増えてきてきました。
六合目避難小屋までは風もなく暖かったですが、六合目からの急斜面を登るにつれ強風になりました。
天候は最初ガスに覆われていましたが、時折晴れ間も見えました。1600m付近からは強風で雪が舞い上がり
視界が悪くポールを目印に進んでいきます。山頂避難小屋はかなりの積雪で入口は雪を掘って中に入るようになっていました。
肝心の山頂ですが到着後は視界はほぼ0で何も見えません。約1時間待機していたら時折剣ヶ峰方面がはっきり見えるようになって来ました。
約15分ほどですが天候が良くなって来ましたが、その後一気にガスに覆われてしましました。晴れていれば剣ヶ峰へも行こうと思いましたが
ガスっていては面白くないので下山することにしました。下山途中はタイミングが悪く完全に晴れてきていました。
登山道自体は登る方が多いので夏山とほぼ同じペースで登り1.5時間、降り1時間での工程でした。








戻る場合はブラウザーの「戻る」をクリックしてください。