家電バーゲン
放射能測定器
避難リュック
本のバーゲン







愛媛県西条市      2017年2月25日   伊予富士 霧氷 石鎚へと落ちる夕日





夕方よりの登山だったので下山してくる人ばかりでした。



これより登山道へと入ります。





雪はたくさんの人が歩いているのでとても歩きやすかったです。





笹ヶ峰も見えてきました。稜線は雪はないみたいです。



桑瀬峠手前から寒風山が見えてきました。





この辺りから霧氷がとてもきれいに見えてきました。



伊予富士へと向かいます。











寒風山をバックに霧氷が映えます。



瓶ヶ森林道は結構雪が積もっています。







日が傾いているので霧氷が一層美しく見えます。





霧氷のトンネルはとてもきれいです。



時折振り返ると寒風山と笹ヶ峰が霧氷で美しいです。



ピークを越えます。



ピークを越えると三連コブが特徴の伊予富士が見えてきます。













結構な量の霧氷です。



ちょうど伊予富士に落ちる夕日を見ることができました。





本物の富士山のダイアモンド富士みたいです。





さらに登ります。



途中の広い場所ではテント泊まりの方がいました



霧氷のトンネルと凍った急勾配を一気に登ります。



急勾配を登り終えると山頂に到着。



日が落ちるまでまだ時間があるのでテント設営と三脚をセットします。







少しづつ石鎚山へと日が落ちていきます。







日が傾くにつれ霧氷の木々が赤く染まってきます。









縦走路も赤く染まり始めました。





南尖峰へと日は落ちていきました。



日が落ちる瞬間寒風山と笹ヶ峰も美しく赤く染まりました。





西条・新居浜の夜景はとてもきれいでした。





空も満天の星空でした。


愛媛県西条市の伊予富士(1756m)へと霧氷と石鎚に沈む夕日を見に登山しました。
旧寒風山トンネル登山口から桑瀬峠を目指します。途中から笹ヶ峰の霧氷が見えました。
桑瀬峠から伊予富士へ向かう登山道もきれいな霧氷を見ることができました。北側と南側では全然違う景色が
広がっていました。登山道自体は雪は少なく歩きやすかったです。途中伊予富士へと落ちる夕日を見ることができました。
独立峰みたいな形をしているので本物の富士山のダイアモンド富士みたいでした。
伊予富士への最後の登りの所だけ凍っていたので注意が必要でした。最後の登りを登り終えて山頂へ到着。
早速三脚をセットして夕日を待ちました。少しづつ日が傾き石鎚山の横へ落ちる夕日はとても美しいものでした。
日が落ちる瞬間の周りの山は赤く日に染まりとてもきれいでした。日が落ちると気温が一気に下がりました。
その後完全に日が落ちたあと、西条・新居浜方面の夜景がとてもきれいでした。それと満天の星空もとてもきれいでした。








戻る場合はブラウザーの「戻る」をクリックしてください。