FX自動売買
禁断のケーキ
じゃらん♪
恋活







愛媛県久万高原町      2016年1月31日   笠取山・大川嶺冬景色





7:20 美川スキー場をすぐ進んだところで通行止めになっていました。



雪かきしていないので当然雪は深いです。





積雪は20cm〜50cm位です。



このあたりで足が沈み始めたのでスノーシューを装着。



深い雪にも関わらず足が沈むことなく楽に歩けます。









遠くに石鎚山が見えます。



山の斜面は相当な量の積雪です。







進むにつれ次第に雪の量が増えてきます。









スノーシューのおかげで楽に歩けます。







林道は完全に雪に覆われています。



9:00 美川峰入口を通過。



所々雪が溶けて地面が見えます。このあたりで積雪1m以上。





大川嶺はあまり雪が無いように見えます。



笠取山へ向かう道を進みます。









この道も結構雪深くなっています。



10:00 笠取山取り付け部に到着。



笠取山。







笠取山までは急な斜面を登ります。



10:20 笠取山到着。









山頂からは360度の大パノラマが広がります。







次は大川嶺へ向かいます。







振り返った笠取山。





雪質は柔らかいので先週の寒波で積もったと思われます。



11:10 大川嶺へ到着。



あいにくガスが出てきました。



所々雪がなくなっていて笹の登山道が見えます。





下山するためにひたすら雪に覆われた林道を進みます。



途中山スキーの格好をした方とすれ違いました。この日合ったのはこの三人の方だけでした。







13:30 通行止め場所に到着。





帰りに撮った県道の状況。美川スキー場までは普通のタイヤで行けますが、早朝夜間は凍結しています。



国道取り付け部の軍艦岩に逢着。


愛媛県久万高原町の笠取山・大川嶺へと登ってきました。林道は旧美川スキー場付近から通行止めとなっており、
林道を徒歩で約6キロ程度歩かなければなりません。林道は深い雪に覆われています。所々日が当たるところは
雪が溶けて地面が見えていますが、ほとんどが雪深くなっていました。
今回はスノーシューを持っていたので足も沈むことなく楽に歩け、昼前には笠取山に到着できました。
標高1562mの笠取山からは360度周りの山々を見ることができます。しばらくした後大川嶺を目指します。
大川嶺への道はほとんど雪が溶けており普通の登山道が見えていました。大川峰からも少しガスが出てきたものの周りの景色を
楽しむことができました。






戻る場合はブラウザーの「戻る」をクリックしてください。