家電バーゲン
放射能測定器
避難リュック
本のバーゲン







徳島県三好市       2016年11月12日   三嶺





いやしの温泉郷に停めさせてもらいます。



道沿いを進み、



ここから登山道へと入ります。





数件の今は住んでいない民家横を通ります。



途中朝焼けが山を照らしていました。









何度か周遊モノレールの軌道を潜ったり併走します。



ここからは本格的な登山道となります。



かつての造営小屋。







現在は完全に荒廃していました。





杉林を更に進みます。



途中、笹原と苔の岩が太陽に照らされていて美しい光景を見せていました。





笹原がとても美しいです。





三嶺が間近に見えてきました。



避難小屋近くのトイレが見えてきました。



鹿よけのネットを通ります。



笹には朝霜が降りています。





ネットを超えると山頂付近へ到着。





三嶺山頂がすぐそこに見えます。





山頂近くの池です。





山頂には縦走している人の姿が見えました。











山頂の標識が見えました。



山頂へ到着。







山頂からは天候が良いので遠くまで見渡せます。





西側は石鎚山がうっすらと見えます。







東側は剣山が見えます。













天候がいいので360°の大眺望が楽しめました。







下山中に池によります。





名頃ルートからは続々と人が登ってきています。





避難小屋はとても綺麗で快適でした。





これから下山します。



避難小屋近くから見た剣山。



造影小屋後に到着。













登山中はあまり気にかけなかった紅葉はとても綺麗に染まっていました。



モノレールが時折通ります。







ススキの穂がとても綺麗でした。



登山口へ到着。



帰りにiいやしの温泉郷へ寄ってきました。


徳島県三好市の三嶺は徳島県第三位の標高の1893.4mの山です。
ルートは主に名頃ルートといやしの温泉郷から登るルートがあります。今回はいやしの温泉郷からのルートで登りました。
駐車場から進み現在は人が住んでいない家を横目に登山道へと入ります。登山道は整備されていますが少し急勾配が続きます。
その後周遊モノレールのレールを杉林伝いに歩きます。何度かモノレールの軌道をくぐり登山道を歩いていくとかつての造営小屋跡が現れます。
小屋を過ぎてしばらく進むと開けた場所に到着します。ここからは三嶺が遠くに見えます。その後一旦標高を下げて登りに入ると
鹿よけのネットを通るとようやく三嶺の避難小屋が見えてきます。小屋の近くには池があります。笹原を更に進み最後の登りを超えると
ようやく山頂です。山頂からは西側は石鎚山、東側は剣山、そして南側は烏帽子山等がはっきり見えました。
山頂でしばらくいたあと、下山途中に山頂近くの池と避難小屋経由で降りました。登山中は日陰だったためあまりきれいでない紅葉も
日が当たっている場所はとても綺麗な紅葉となっていました。








戻る場合はブラウザーの「戻る」をクリックしてください。